三宅一生の仕事と考え方

既成の枠にとらわれない自由な発想、それをねばり強いリサーチと実験のプロセスを経て現実化すること。それが、三宅一生のものづくりへの変わらぬ姿勢です。時代や社会の動きに着目し、人を育てながら個々のプロジェクトに取り組み、デザインを次の段階へ進化させようと三宅は追究しつづけています。

広島に生まれた三宅にとって、デザインとの最初の出会いはイサム・ノグチの設計により爆心地近くに架けられた二つの橋「生きる」「死ぬ」(1952年作/のちに「つくる」「ゆく」に改名)でした。この橋を眺め、渡りながら、人を励ますデザインの力を初めて意識したのです。

1960年、日本ではじめての世界デザイン会議が開催されました。当時多摩美術大学図案科に在学中の三宅は、衣服デザインの分野が含まれていないのはなぜか、という疑問を事務局へ書き送りました。衣服をファッションではなく“デザイン”としてとらえる三宅の視点に多くの注目が集まりました。その後自ら衣服デザインを始めますが、アートディレクター村越襄から声を掛けられ東洋レーヨン(現・東レ株式会社)のカレンダー(1963年版)のための衣装を制作したのが最初のしごとです。そして、63年多摩美を卒業した後、第一回コレクション「布と石の詩」を発表しました。

1965年パリへ渡りオートクチュールを学んだ後、二つのメゾンにてアシスタントを務めた三宅は68年、五月革命に遭遇します。これが大きな契機となり、かぎられた人でなく、より多くの人々のための服づくりを決意するに到りました。翌69年ニューヨークへ移り半年ほど既製服の経験を積む中、大阪万国博覧会を目前にさまざまな分野で盛り上がりつつあった日本の今後の可能性に着目し、帰国しました。

広島・平和大橋 「つくる」
Photo:Isamu Noguchi
© The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York

東洋レーヨン(現東レ)
1963年カレンダーより

三宅一生、パリ・クチュール組合学校で勉強中のデザイン画
1965年

1970年、「東レ・ニット・エキジビション」に参加し、分解可能ないくつものパーツで構成されたユニットとしての衣服を発表しました。同年、三宅デザイン事務所を東京に設立。71年ニューヨーク・コレクションに参加し、ディディエ・グランバック、アンドレ・プットマンと出会います。この出会いをきっかけに、73年からはパリでコレクション発表を始めるようになりました。

三宅の衣服づくりは、当初から今日に到るまで「一枚の布」という考え方に貫かれています。それは東洋・西洋の枠をはずし、身体とそれをおおう布、その間に生まれるゆとりや間(ま)、の関係を根源から追求するものと言えるでしょう。一本の糸から研究し、オリジナルの素材をつくるところから三宅の服づくりは始まります。1970年代、三宅は多くの協力者と出会い実験を重ね、次々新たな提案をしていきます。当時最新の合繊技術に改良・工夫を加え服づくりに取り入れていく一方、産地を訪ね、失われつつあった伝統の染め、織りなどの技法を掘り起こし、それを時代に即したものによみがえらせる作業を押し進めました。この協働の制作プロセスを確立したのがこの時期であり、他にも、日常からの着想を服づくりに活かすなど、「一枚の布」は豊かに展開していきました。この時代の三宅のしごとを概観するには、1978年刊行の作品集『三宅一生の発想と展開 : ISSEY MIYAKE East Meets West』(平凡社)があります。この本は現存する衣服デザイナーのものとしては世界で初の作品集となりました。田中一光のアートディレクション、小池一子の編集のもと、躍動する写真の数々と、異分野の作家たちによる文章が、三宅の「一枚の布」の思想と成果を生き生きと伝えています。

コンストラクティブル・クローズ 1969年
Photo:Kishin Shinoyama

三宅一生デザイン画
コンストラクティブル・クローズ 1969年

三宅一生デザイン画
麻のジャンプスーツ 1975年

三宅一生デザイン画
パラダイス・ロスト 1976年

コクーン・コート 1976年
Photo:Noriaki Yokosuka

『三宅一生の発想と展開 : ISSEY MIYAKE East Meets West』1978年 P84−85、
包丁カット 1975年
Photo:Tatsuo Masubuchi

丹前 1976年
Photo:Noriaki Yokosuka

1980年代には、身体の動きとフォルムの探求を深め、プラスチック、紙、ワイヤーなど布以外の素材による服づくりへ意欲的に挑戦しました。これを「ボディワークス」と呼んでいます。アメリカの雑誌『Artforum』(82年2月号)では、三宅による「ラタン・ボディ」が表紙に取り上げられました。これは衣服デザインが美術専門誌のカバーストーリーとなった最初の例でもあります。さらに、コンピュータを活用することでジャカード織の柄(がら)とテクスチャーを多様に表現し、作品の中で展開していきました。1988年、パリの装飾美術館にて展覧会「ISSEY MIYAKE A-ŪN(あ・うん)」を開催。本展は、素材リサーチに焦点を当てながらこの時代のしごとを総括するものとなりました。80年代は、こうした素材の探求を押し進める一方で、人々の現実の暮らしに目を向けた新たな服づくりもスタートしています。81年に立ち上げたブランドPlantation。これは“日常”をテーマにした生活着の提案でした。天然素材を中心に、シンプルでゆったりとした楽な着心地、洗濯やメンテナンスも簡単なPlantationは、今も広く受け入れられています。85年発表のISSEY MIYAKE PERMANENTE(ペルマネンテ)では、ISSEY MIYAKEの軌跡上に生まれた形や素材を今いちど甦らせ、永く着られる衣服を展開しました。

受け継がれてきた国内外のすぐれた伝統の技と、その一方できわめて先鋭的なテクノロジー、その二つを共存させることで、時代が求める新しい衣服と考え方を提案したいと三宅は考えています。皆川魔鬼子や毛利臣男をはじめ、小野塚秋良、滝沢直己、吉岡徳仁など、各世代の優れたスタッフとの共同のものづくりによってそれが実現します。ひとつのテーマに数年をかけてじっくり取り組み、着る人の心に届く服づくりを行ない、喜びや幸せな気持ちを喚起する衣服を人々に届けること、それが三宅の願いであり精神です。

プラスティック・ボディ
1980年
Photo:Daniel Jouanneau

『Artforum』(New York)
1982年2月号

「ISSEY MIYAKE A-ŪN」展 パリ装飾美術館 1988年
Photo:© ANZAÏ

Plantation印刷物1981年より
Photo:Eiichiro Sakata

ISSEY MIYAKE PERMANENTE 1985年
Model:Elizabeth Frink
(彫刻家)
PHOTOGRAPH BY SNOWDON, CAMERA PRESS LONDON

ISSEY MIYAKE PERMANENTE 1986年
Model:Ellen Van Schylenburch (ダンサー)
PHOTOGRAPH BY SNOWDON, CAMERA PRESS LONDON

「ISSEY MIYAKE A-ŪN」展を開いた1988年から、従来とは異なる発想にたったプリーツの服づくりに取り組み始めました。プリーツのかかった布地をつかって服をつくるのではなく、服のかたちに裁断・縫製した後でプリーツをかけ、かたちとテクスチャーを一度に仕上げるという方法です。三宅は、以後、素材と手法をさまざまに工夫しプリーツの可能性を押し広げていきました。折る、ねじる、プレスする、クラッシュする…。機械だけでなく人間の手の力も参加させながら、創意に富む多彩なプリーツの服を生み出していったのです。ウィリアム・フォーサイスによるフランクフルト・バレエ団の新作「The Loss of Small Detail(失われた委曲91年初演)」のために、ニット素材を使ったプリーツの衣装を製作しました。これをさらに研究し、改良を加え、93年、PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKEが単独ブランドとしてスタートしました。独自の“製品プリーツ”手法による、プロダクトとしての衣服です。洗濯の容易さや持ち運び・収納の簡便さなどの機能、日常のあらゆる場面で使える汎用性の広さ、着心地の良さ、手頃な価格帯、そして美しさ…。それらをかね備えた、現代を生きる女性のための衣服であり、今や日常に深く溶け込んで多くの人々に使われています。

「The Loss of Small Detail」 1991年
Choreography:William Forsythe
Photo:Dominik Mentoz

PLEATS PLEASE
ISSEY MIYAKE 1993年
Photo:Phillippe Brazil

「BIG BANG」展
パリ、ポンピドゥー・センター、
「PLEATS PLEASE: Making Process」 2006年
Photo:Benjamin Nitôt

また、86年から10年以上にわたってつづけられたアーヴィング・ペンによる撮影も、三宅のしごとを語る上で欠かせません。スタイリングに北村みどり(現・三宅デザイン事務所社長)が参加し実現した、およそ250点におよぶこれらの写真はいずれも瑞々しさと驚きに満ちあふれており、7冊の写真集にまとめられています。これは単なるファッション・フォトを越え、遠く離れても共振し合う、二人の表現者の魂の交流の記録としても広く知られています。

ISSEY MIYAKE ポスター
1986年
Photograph by Irving Penn
Copyright © by The Irving Penn Foundation
Layout and typography by Ikko Tanaka

1998年、藤原大とともにA-POC(A Piece Of Cloth)の開発がスタート。コンピュータ制御により一本一本の糸に指示を与え、一体成型により多様なバリエーションの衣服を適量つくることを可能にしました。A-POCは一本の糸、一枚の布が服になるまでの革新的なプロセスとして、エンジニアリング・デザインという考え方と共に、衣服づくりの新しい方法論を示しました。2006年ニューヨーク近代美術館(MoMA)に、永久コレクションとして所蔵されました。また、A-POCの研究を始めた1998年には、パリで展覧会「ISSEY MIYAKE MAKING THINGS」(その後ニューヨーク、東京へ巡回)を開催、88年に発表したプリーツ以降のしごとを展示して大きな反響を呼びました。「三宅のしごとは、現在、という歴史の連なりの延長線上に基礎を置いており、ファッションの直接的な文脈から意味を引き出している。『ISSEY MIYAKE Making Things』展はこの文脈をかぎりない魅惑と機知をもって提示している」(1998年12月27日付『New York Times』紙より)。

「ISSEY MIYAKE MAKING THINGS」展 東京都現代美術館 2000年、ジャスト・ビフォア(黒)、A-POC キング&クイーン(赤)
Photo:Yasuaki Yoshinaga

『NATIONAL GEOGRAPHIC』2003年1月号「夢を紡ぐ 21世紀の繊維」P.72 - P.73 A-POC クワドロコットン 2001年
Photo:Cary Wolinsky and Barbara Emmel Wolinsky
Shown by Alvin Ailey Dancer Dwana Adiaha Smallwood

『The New York Times』紙
1998年12月27日号

三宅のしごとと考え方はジャンルを越えて、世界で注目を集めつづけています。1986年にはアメリカの雑誌『Time』(1月27日号)の表紙を飾り、「Changing Clothes(衣服の変革): Issey Miyake」というタイトルで、三宅のものづくりへの姿勢が掘り下げられた記事となりました。さらに99年同誌の特集「二十世紀にもっとも大きな影響を与えたアジアの20人」(8月23—30日号)では、マハトマ・ガンジーや毛沢東、ダライ・ラマ、昭和天皇らと共に選ばれ、「Beauty Maker(美をつくる人)」として取り上げられました。(以下同号より引用)「日本のデザイナー三宅一生は、つねに未来へ視線を向け、自然をインスピーレションの源としながら、地球上すべての人に訴える不朽の衣服を創造した」。また、フランスの『Le Monde 2』誌(2005年12月10日付)は三宅デザイン事務所を訪れ、「そこはクチュールのメゾンでなく、世界でも類のない、開発と生産のための研究所である」と、三宅とスタッフたちとの取り組みをレポートしています。

『Time』(Asian Edition)
1986年1月27日号

『Le monde2』
2005年12月10日 95号
Photo:Jean-Baptiste Mondino

2004年、財団法人三宅一生デザイン文化財団を設立(2011年に公益財団法人へ移行)。自身のしごとのアーカイブづくりと共に、人材を育成し、内外の若い作家たちを紹介するなど、社会の中でデザインの進化の芽を育み次代へつなぐ努力をしています。07年同財団が主体となり三井不動産株式会社の協力のもと、東京ミッドタウンに21_21 DESIGN SIGHT(建築:安藤忠雄)を開設し、三宅は佐藤 卓、深澤直人、川上典李子と共にディレクターに就任しました。テーマごと、異なるディレクターが独自の視点から展覧会をつくり、海外からも注目されています。

21_21 DESIGN SIGHT外観 2007年
Photo:Masaya Yoshimura

今も、三宅は次のものづくりに取り組み続けています。 長年にわたりコレクションの重要な制作チーフをつとめてきた山本幸子、菊池学らをはじめ、ベテランスタッフと若手スタッフによるチームを編成し、Reality Lab.(リアリティー•ラボ)がスタジオ内に開設されました。2008年に三宅が21_21 DESIGN SIGHTでディレクションした展覧会「XXIc.―21世紀人」展。その企画準備の際の広範なリサーチをもとに、さらに研究開発を加えながら、Reality Lab.ではつねに、社会と密接につながるものづくりが同時に進行しています。環境や資源に配慮した素材の開発から、よりよいものを再生し再創造する作業です。2010年「132 5. ISSEY MIYAKE」、2012年フランクフルト Light + Buildingとミラノサローネにて照明器具「陰翳 IN-EI ISSEY MIYAKE」(Artemide社)が発表されました。

2016年(3月16日~6月13日)、国立新美術館にて「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」を開催。初期から最新プロジェクトまでの全仕事を通して、ものづくりに対する三宅の考え方とデザインアプローチに迫ると共に、未来に向けたさらなる創作の可能性を探る展覧会は、進化し続ける三宅の服づくりについて明らかにしました。

発想し(making THINK)、それまでにないものをつくり(making THINGS)、現実をつくる(making REALITY)。そのような基本精神のもと、三宅一生による21世紀の新たな表現は、前へ前へと進みつづけています。

第三回企画展 三宅一生ディレクション「XXIc.—21世紀人」展
ポスター 2008年

132 5. ISSEY MIYAKE
2010年秋発表
Photo:Hiroshi Iwasaki

陰翳 IN-EI ISSEY MIYAKE
2010年秋発表
Photo:Hiroshi Iwasaki

『FINANCIAL TIMES』マガジン
2014年2月1日号
Mark C O’Flaherty
和訳文(PDF)>>

「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」
国立新美術館 2016年

up