企業理念

1970年に衣服デザイナーである三宅一生が設立した
三宅デザイン事務所は、伝統的な職人技と先端的な技術を駆使し、
既成概念を打ち破るデザインを行ってきました。
その根底にあるのは「人々に感動や喜びを与える、
快適な日常のためのものづくり」です。デザインは常に動いています。
その中にあって、私たちは好奇心をもち、幸福感とは何かを問いかけ、
互いの考えや感じ方をぶつけ合い、議論することによって、
新しいアイデアを追求し、デザインが現代社会にいかに
貢献できるかを常に探っています。

up